2019.12.02

スマートホテルと投資家をマッチング
投資家向けプラットフォーム(仮称)TABICT PORTALの開発着手
2020年サイトオープン予定


株式会社TATERU(本社:東京渋谷区/代表取締役CEO:古木大咲/証券コード:1435、以下、当社)の子会社である株式会社TABICT(代表取締役:安藤崇雄/以下、TABICT)は、投資用のスマートホテルとスマートホテルを購入したい投資家をマッチングするプラットフォーム(仮称)TABICT PORTALの開発に着手いたしましたので、お知らせします。

スマートホテルと投資家をマッチングする(仮称)TABICT PORTAL

(仮称)TABICT PORTALは、スマートホテル(宿泊施設)を購入したい投資家と物件をマッチングするプラットフォームです。物件を購入したい投資家は会員登録を行うことで、投資用宿泊施設の物件検索および物件ごとの周辺施設など立地環境情報や過去の運用実績等、物件情報の閲覧や、チャットでの問い合わせを行うことが可能です。
(仮称)TABICT PORTALは、2020年春のサイトオープンを予定しております。
※プラットフォームの機能については、開発中のため変更になる可能性があります。

TABICTのスマートホテルとは

TABICTのスマートホテルは、グループ宿泊者をターゲットに、現在では主に福岡県の博多エリアにて展開を行なっています。自社開発の宿泊運用業務を効率化する「bnb kit(スマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONE)」を導入や、コンシェルジュアプリの提供などICTを活用した様々な宿泊施設運用サービスで、無人で運営できるスマートな宿泊施設を企画開発しています。
現在22施設運用中で、2020年にはさらに23施設開業予定です。
※プラットフォームの機能については、開発中のため変更になる可能性があります。

お問合わせ先

TATERU 広報課
MAIL:pr@tateru.co