2019.08.28

訪日外国人の”困った”を解決する多言語対応コンシェルジュアプリ「TRIP CONCIERGE」をリリース
空港やコンビニなど全国約300箇所、SIM購入者にサービス提供


株式会社TABICTは、訪日外国人の”困った”を解決する、多言語対応コンシェルジュアプリ「TRIP CONCIERGE(トリップコンシェルジュ)」をリリースいたしましたので、お知らせします。

※アプリ画像はiOS版です。(Androidにも対応しています)

多言語対応アプリ「TRIP CONCIERGE」とは

TABICTでは、スマートホテルの企画・開発・運営をはじめとし、宿泊事業者の業務を効率化する「bnb kit(スマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONE)」の開発・レンタルなど、ICTを活用した様々な宿泊施設運用サービスの提供を行っております。
「TRIP CONCIERGE」は、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」に導入しているコンシェルジュ機能をアプリ化したもので、24時間5言語(日・英・中(簡/繁)・韓)でいつでもどこでも「TRIP CONCIERGE」を活用し、レストラン予約や交通案内、観光案内などのサービスを受けることができます。
この度TABICTは、グローバル通信事業を行うイン・プラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表者:木村幸太郎)と提携し、成田空港や、羽田空港、関西国際空港など、全国の空港やコンビニ約300箇所で購入できる「PREPAID DATE SIM」の購入者を対象に「TRIP CONCIERGE」のサービスを提供します。このサービス提供により、国内外の旅⾏客に、きめ細やかなコンシェルジュサービスと快適な旅⾏環境を提供することが可能になります。

※販売エリア(イン・プラス社ホームページより)

TABICTは、「TABI」と「ICT」を掛け合わせ、これまで誰も経験したことのない「新しい旅をつくる」旅行者向けサービスの開発・提供や、宿泊運営事業者へのデータサービス、ICT宿泊運用における新たなソリューションの開発と提供を目指してまいります。

お問合わせ先

TABICT 広報
TEL:03-6812-9133 MAIL:pr@tabict.jp